孤高のFXブログ トレード中に考えること。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレード中に考えること。

楽天ブックスのキャンペーンに対抗して、Amazonさんが電子書籍30%ポイント還元やってた。

さすがAmazonさま!えげつねぇことも平気でやってのける。
そこにシビれる憧れるぅヾ(≧∇≦*)〃

ってことで、既に持ってるも含め、電子ブックをいろいろ買ったった。
これを機に読者にいい本アフィってwin-winな関係を築くんや!

って思ってたら、キャンペーンがマッハで終わった(ヽ'ω`)

【ITmedia】Kindleストアで突然始まった30%ポイント還元、予告なく終了
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1307/22/news043.html

/(^o^)\ナンテコッタイ

代わりに雷サージ対応のOAタップ置いときますね…。。
あ、ほら、雷のシーズンじゃないですか…
こーゆーのは最初から安いやつはマジでしょぼいので、高いモノがお安くなってるのを狙うべきなんです。
最近のCPUはデリケートなので、過電圧でPCが逝かないようにしっかり対応しておくといいとおもいますハイ





あと、最近コレ読んだ。
久々の良本で、いろいろ考えさせられた。
グローバルな世界とカネに関する、権力者とシステム的なこと。

日本においても円安がほぼ確定路線だと思っているので、今後オフショアへの資産流出はあると思っています。
世の中とシステムが先を行ってて、法律が追いついてない感がすごい。
個人でどうにもなる問題じゃないけど、資本主義と人間の本質を知るために。オヌヌメ。






毎度ブログ内容が謎ですみません(´・_・`)

自分向けメンタルブログとか誰得…。。

全力でアフィった対価として、トレード思考について書こうと思います。

たぶん二度と書かない。



今見てるチャートはこんなん。

cde2013.jpg

大台のグリッドと移動平均(20・200EMA)だけ。
基本的に、これの各通貨・1時間足と5分足をひたすら見てる。
通貨ペアをに色分けして、単一通貨の強弱がぱっと見で分かるようにしてある。
時々線引っ張るくらいで、あとは何のインジも見てない。

ほんとにこれだけ。

シンプルに考えないと「勝ち続ける」ことはできないと思うんです。
たくさんの情報から難しい判断を毎度正確に下せればカッコイイけどさ、そんなん難易度が高すぎる。
迷いが生まれないよう、見るものは少なくて正確なモノがいい。

そもそもテクニカルの多くは平滑化させるために数式を用いています。
いくら評定平均を出そうが、そもそも正規分布しないというのに。
つまるとこ情報を加工しているわけで、そいつぁ生情報とはいえない。
数式の中身や、もたらす効用やバイアスを心から理解しているならまだしも…
中身を信じられないで勝ち続けられると思ってるの?
って気さえする。

そう考えてみると、生情報なら心から信じられるわけです。
でもFXって生情報が少ない。板も出来高も見られない。
表示される情報は値動き(チャート)とティック変動のみ。
だから、信用できるのは“値動き”だけ。

じゃぁ移動平均はテクニカルなのかどうかって話なのですが、自分は立派なテクニカルだと思います。
平滑化バイアス(計算式)がすごく単純だから理解しやすいおかげで、
単純に売り圧力・買い圧力ととらえることもできる。

あとはチャートと若干のファンダ事案(指標によるマーケットインパクト・ポジション調整など)を考えながら、
ひたすらたくさんの通貨ペアのチャートを見てる。(今は6画面)

たくさん見てると、カネの流れが見えてくるんです。

例えばドル円が上がってる時に、ユロ円上がってユロドルが下がってたら
ドル>ユーロ>円
なわけじゃないですか。

次にポン円見たら上がってて、ポンドルが下がってる…
次にオジ円見たら上がってて、オジドルが下がっている…
ってなってたら、ドルが買われてて円が売られてるのが分かる。
じゃーでドル円Lでキマリじゃね?
って感じ。

そういうノリで、強弱が乖離してるやつ狙い&直近の値動きを加味してポジるんです。

つまるとこ常時8通貨の強弱を、各通貨ペアから判断して監視してるんです。
各通貨の売り圧力・買い圧力は移動平均と値動きで判断できるし、
その通貨に勢いがあるなら各クロス通貨ペアの5分足だって似たような形になるわけで、
単一通貨の強弱が分かればブレイクするかどうかも判断しやすい。
ひたすら多角的にリアルタイムで情報を処理している、って感じなのです。

読むためのコツは多少ある。
けどこれはある意味で通貨ペアのクセのようなものだから、列挙するとまとまりがない上に長いので割愛。

チャートリーディング能力と、メンタルと、ある種の人読みセンスは必要かな。
これがないと話にならないとも思うけれど。

やってることは、ほんとにこれだけ。慣れないとイミフだと思うけれど…
慣れると強弱だけではなく、単一通貨の波が“見える”ようになってくる。

長い時間軸での方向と同じ圧力があるなら長く持ってみてもいいし、
通貨ペアのチャートでブレイクしそうだけど、それぞれの単一通貨に勢いがなければ
単なるランダムウォークの可能性が高いと判断して、逆張りを狙ってもイイ。



チョイ前までは、コツコツ(やられて)バイントレーダーだったのが…
今では月1000ぴぷ以上もとれるようになりました┗(`・∀・´)ヨッシャ!
バーチャながら、年/億とか余裕だと思っています。注文が通ればねー。

いやー、苦労したけど、諦めないでよかったわ。
そんなこんなで、これからも稼いでしまおうと思います☆(ゝω・)vキャピ

応援クリックおくれやす
ブログ為替レート

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フォローさせていただいております。
ゾーンはむかーしに何回もボロボロになるまで読んだので頭には入ってると過信してたのですが、改めてCD版良かったです。オリバーペレスはスルーしてきてたのですが、今この時点で読めて良かったです。勝てるようになってから、自分の戦術にノイズが入るのを懸念して本は読まないようにしてきてたのですが、とんだ天狗でした。

先ほど電源タップクリックw
いつも良い買い物をさせて頂いてありがとうございます。

いつも更新が楽しみで愛読させて頂いてます。暑い日が続きますが、お体に気をつけて仕事頑張ってくださいね。

Re: No title

>又八さん

その気持ち、よく分かります…。しかしながら、相場も世の中も止まってくれないので、いつでも変化に対応し、学ぶ姿勢は忘れずにいたいものです(๑╹ڡ╹๑)
そんなことを、よく自分に言い聞かせています。

エアコン病との戦いになりつつありますが、がんばります!笑

はじめまして。

こんにちは、はじめまして。

最近いろいろな人のFXブログ見ていたらyasuさんのブログにたどり着きました。
非常に書かれている内容が面白く、読み応えがあり、
メンタル面で参考にさせてもらえる箇所がたくさんありました。

今回の記事のような通貨の強弱なんて考えたことがなかったんで、
なるほど目から鱗でした。
明日から実践していきたいと思っております。

そこで一点伺いたいことがあるんですが、
yasuさんは6画面監視されているということなんですが、
通貨ペアでいうとどれくらいの通貨数を監視されているんでしょうか?

ちなみに答えていただける範囲で、何の通貨ペアを見ておられるか、
教えていただけたらありがたいです。

長文失礼します。
よろしくお願いいたします。

Re: はじめまして。

>tomoさん

はじめまして。
8通貨で26ペアほど見ています。あとドルインデックス(インジ)と一部CFDも(๑╹ڡ╹๑)
これだけの数をMT4で表示できる業者は国内にはありませんし、海外でもとても少ないです。

通貨の強弱を知りたいけれどモニターが足りない場合は、
アバウトですが“ku-chart”を表示できれば分かりやすいと思います。
もしEXNESS用にカスタマイズしたmq4が必要でしたら個別にUPします。

ご返信ありがとうございます。

返信いただきありがとうございます。

26ペアも監視されているんですね。
自分は少ないんでこれから多く見ていこうかと考えています。
参考になりました、ありがとうございます。

ku-chart始めて知りました。早速ダウンロードしてみたいと思います。

あとお手数なんですが、
EXNESS用にカスタマイズしたmq4もUPしていただけたら
助かります。

すいません、お手数かけて恐縮ですがよろしくお願いいたします。

Re: ご返信ありがとうございます。

>tomoさん

遅くなりましてスミマセン…。
メールで送らせていただきますヾ(≧∇≦*)〃

はじめまして

はじめまして。
yasuさんのブログは以前から拝見させていただいております。
このブログ記事にある通貨相関という考え方はこれまで全く
考えてこなかったことなので、この概念に触れることが
できた時には非常に衝撃を受けました。
まさに為替市場だけに目を向けた場合、本質部分はこの通貨の
相関にあると感じています。

ひとつ質問をさせていただけませんでしょうか。。
値動きの研究と努力の方向性についてお伺いしたいのです。

裁量でのトレードは難しく感じており、ku-chartの動きの統計を
取ろうかと考えておりました。こういった試みは初めてなので
準備段階としてブログの方に「テクニカル分析の迷信」という書籍が
お勧めとしてあげられておりこれを購入し、まだ読み始めの段階
ですが読み進めております。この作者はどうやら統計をとり客観的に
認知できるルールにこそ価値があるという考え方のような気がします。

ただ、yasuさんの過去記事には「過去の値動きから計算した統計なんて
意味を成さないと思う」とあり、前提条件が金持ちの意向で相場は
動かされるということでこれもまた非常に説得力があることに
感じました。
しかしこの解釈の場合、いったいどのような努力をなさった上で
現在の凄い能力にたどり着いたのかイメージが湧かないのです。

よろしければ迷える子羊にアドバイスをお願いできませんでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

Re: はじめまして

shimaさん、はじめまして。

まず第一に、自分は“神はサイコロを振らない”と考えています。
この考えの下では、全く同じ条件を用意出来た場合、同じ現象を起こせば結果は必ず同じになります。

しかしながら相場においては“同じ条件”を用意することは不可能であり、数多くの変数が存在します。
その変数は多く、ランダム性に富んでいます。
為替においては情報の非対称性がほとんど存在しないため、価格変動を予想するのは時系列と値動きだけです。
変数は全て価格に織り込まれていますが、抜き出すことはできません。
そもそも通貨ペアとは単に“A通貨とB通貨の差”であって、実際のA通貨の変動にはC通貨の影響 D通貨の影響…と、変化軸が数多く存在します。

変数が特定できないのであれば、再現性は当然低下します。テクニカルの優位性がゼロだとは言いませんが
ランダム性が高いため、根本的にあてにならないものだと思っています。

>裁量でのトレードは難しく感じており、ku-chartの動きの統計を取ろうかと考えておりました。

shimaさんの言う“動きの統計”とはどういったものでしょうか。

ku-chartは限りなく変化軸を減らして通貨単体の動きを模したチャートであり、
ある種の指数のようなものなので、ダウ理論は機能しません。

また、通貨Aが買われた場合に通貨Bが売られやすい…というようなパターン認識モデルは、
変化軸を増やすため、優位性のあるものは見いだしにくいと思っています。
そのため、変化軸を最も少なくした単一通貨の動きを特定のテクニカルで図るのであれば、
少しは再現性のあるものが見いだせるかな、とも思っています。
ちなみに、高値追い・安値追いが機能しやすいことは既に認知しています。

自分はku-chartの存在を知る前も、感覚的に頭のなかでku-chartと通貨単体の動きを描いていて、
ある種のパターンを認知しているのですが、言語化や数式化ができていません。
しかしながら、この直感のような感覚は数式でアウトソーシングできるものだと思っています。

どうにかして優位性のあるものが見つかるといいですね。
お互い頑張りましょう。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

yasu

Author:yasu
デイ~スイングのごじゃっぺ億トレ
中観帰謬論証派/メタラー
コメント返信率低め

つこてる業者
マネパカード(マネーパートナーズ)

カード入金の為替手数料考えたら…
マネパカード一択でしょ(๑′ᴗ'๑)

FX OPEN
fxopen-forex-broker-75.png
老舗でマトモなECN( ー`дー´)
レバ500倍 指値制限なし
ネテラ対応 PINCODEは忘れずに。
EQINIX NY4で通貨ペアも多し。
リンク
・デモ名人のFX帳
・Free Lunch
・Shoto tabata.com
・yuzakiの手記
・BRPのFXブログ
・huroji.com
・システムトレード技術ブログ
My本棚

これから読むひとに





繰り返し読み返す本









超絶オススメ本









乗り越えるべき
壁を知ること












勝負師の心得











トレーダー的思考













テクニカル良本









ヒトを知る









理想を現実に









自己実現のために





カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
Twitter yasuFX
常識的なコミュニケーションを図るため
リフォローの選り好みをしています。悪しからず。
Twitter/yasuFX
Twitter <メンタルコーチ術>
RSSリンクの表示
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。