孤高のFXブログ 勝ち続けるために。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ち続けるために。

ちょっと言い過ぎたと思って反省してるなう('A`)

先日の記事の、このへんです。

>インターバンクより狭いスプを顧客に提供できるのは、客の注文を呑んでるからじゃないですか。
>超スキャで利ざや取られまくったら業者側の利益が減ってくわけだから、
>業者からしたら超スキャ勢とか完全にウザい存在。
そもそも本来ならありえないレートのお陰で勝てるとか、アホかと。バカかと。

アホとかバカとか…言い過ぎました(´・ω・`)スマン

現状として、自分も少しは低スプの恩恵にあずかっていますし、
超スキャでも勝つことができるのであれば、その行為自体は全然構わないと思っています。

では自分はなぜ超スキャをしないかというと、一言で言って
「勝ち続けることができない」からです。

別に、勝つことは簡単なんです。でも、勝ち続けることは難しい。
セオリーや必勝法のような、安易に勝てる方法を選べば誰でも一時は勝てます。

でも、勝ち続けるのは安易な方法を選ばなかった人です。
なんていうか、勝負の世界は得てしてそういうものです。

そもそもFXの短期売買なんて投資とはいえず、限りなくギャンブルに近いと思っています。
つまるところ、半丁博打を安い寺銭で打たせてもらってるわけじゃないですか。

HCBKC.jpg


博打打ちには博打打ちなりの誠意を持ったやり方で挑むべきだと思うのです。

確かに低スプで顧客を集めているのは事実です。
賭博場の元締めにも建前と本音があるわけで、文句を言ったところでどうしようもないのです。

場を荒らせば元締めに嫌われ、その場から追い出される。それだけです。
殺されないだけまし。江戸時代だったら殺されてるかも分からんね。

そりゃぁ半丁博打だから難しいけどさ、
そもそも“勝ち続ける”ことってそのくらい難しいことだと思うのです。

だから、勝ち続けることを目標とするならば、
簡単に勝てる「超スキャ」という方法を安易に選ぶべきではないと思っています。



“勝ち続ける”ことを目標とするならば、
努力の方向や考え方にも最適な姿勢があると思っています。

当たり前だけれど、知的ゲームにおける勝敗は己の判断力が全て。
判断するための情報が多いと迷いが生まれるため、一貫性が損なわれます。
(テクニカルをたくさん表示した所で勝てない所以)

だから、勝ち続けるためにはシンプルな情報と強い信念が必要なのだと思っています。


例えば~

パン本の新刊は毎回チェッキンしているのですが…

この本は買ったけど、



この本は立ち読みした結果、買いませんでした。



だいたい同じ事が書いてあるような気もするのですが、自分の中ではハッキリとした差がありました。

前者は比較的シンプルな解説で凡庸性も高いと判断しましたが、
後者は独自解釈が多すぎて読み解くのが難解な上に、凡庸性がない

と判断したためです。

難解なものは知的好奇心を刺激します。
読んで内容が理解が出来ると達成感すら感じます。

でも「理解すること」と「出来ること」は全く違う。
著者が稼いでいる人間かどうかは関係ない。
自分自身の問題。


別に後者を否定しているわけではないのです。
わざわざパン本で出てお高い値段つけても一定数売れるのだし、
ためになる内容なのだと思っています。

ただ、勝ち続けるためにシンプルに考えるようになった今では、
自分には必要ないかな、と思ったのでした。

もちろん、こうした判断をするためには、
・自分には何が合うのか
・何が正しい情報なのか
を理解することが大前提なので、序盤は本をたくさん読んだほうがいいと思います。

でも、もっと大切なことは、そこからシンプルな考えになるよう、そぎ落としていくこと。
時には勝ちを捨てないといけない。勝ち続けるために。


応援クリックおくれやす
ブログ為替レート

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕には彼女が必要なんやっ!!!

個人的にはFXに限らず100年後とかには市場が効率的になりまくってて個人なんてほとんどトレードの余地がなくなっちゃう気がします。

ただ案外100年といわず50年いや30年いやもっとはやくそういう日はやってくるのかもしれませんね。

株の話で申し訳ないですが、
個人的にはアローヘッド前から株のスキャは否定的でした。
早さをベースにしたトレードはちょっとした規制とか環境の変化でオシャカになるし
現にアローヘッドでオシャカになってたのでー


というか個人トレーダーは基本的にポジションの余裕(時間とか損切り幅)がプロより優位性があるくらいで相手様の得意な早さであえて戦おうとするその勇気と気概に思わずエールを送ってしまいますね。

とかDKの時思ってスキャやってなかった。

Re: No title

>大名人

こっ、これは…!
久々にコメントから信念を感じるッ…!!
特に「僕には彼女が必要なんやっ!!! 」ってあたりに…!(゚A゚;)ゴクリ

自分も全く同意見です。
その点FXだとコレ以上にないくらい市場が効率的なので、ここでコンスタントに勝てれば「勝ち続ける」ことができるかな~٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
と思っておりますまる


お酒飲みながらそういう話しましょう!ヾ(≧∇≦*)〃

FX、インターバンク取引はやらない

FX、インターバンク取引はやらない
FXは金融商品取引法第2条第22項に定められた店頭デリバティブ取引です。この条文には「金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う取引。差金の授受によつて決済することができる取引」とある。FXはインターバンクなどの金融商品市場による取引はやらない、為替もその代金も受け渡しは行わない、つまり実際は取引はやらない「差金決済」と法律に規定されています。それでも法律を無視してでもインターバンクで取引しようとするとどうなるか?
●銀行間の取引は最低1口100万ドル単位。差金決済ではなく、RTGS(即時グロス決済)です。100万ドルの買い注文を出すと瞬時に100万ドル相応の日本円が会員の口座から業者の口座に移され、カバー銀行を通して銀行間で取引された100万ドルが会員の口座に入金される。これが取引の基本です。レバレッジも差金決済もない。1ドル100円とすると1億円。株取引には比例配分があるがFXには、その規定はないので、小口の注文を集めて取引することはできない。会員は業者とカバー銀行両方に取引手数料を払わなければならないので。こういう取引をする投資家はいない。
●会員と業者間で差金決済しようとすれば、会員が最低保証金額400万円を入金すると、円、ドル、ユーロなど通常8通貨を売ることができるので、業者は100万ドル(1億円)相当の通貨を8種類(総計8億円相当)用意しなければならない。1か月取引がないと、その資金を寝かすことになり、その金利だけでもバカにならない。会員が10人、100人、1000人になると膨大な通貨量が必要になる。こんな資金負担が大きく、資金効率の悪い商売をするはずがない。
●FXとは、会員からの注文を受けたときに、その注文を呑み込んで、商品市場における取引等をしないで、自己(業者)がその相手方となつて取引を成立させる取引です。NDDはあり得ない。
●ウィキペディア=「ノミ行為」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%9F%E8%A1%8C%E7%82%BA
プロフィール

yasu

Author:yasu
デイ~スイングのごじゃっぺ億トレ
中観帰謬論証派/メタラー
コメント返信率低め

つこてる業者
マネパカード(マネーパートナーズ)

カード入金の為替手数料考えたら…
マネパカード一択でしょ(๑′ᴗ'๑)

FX OPEN
fxopen-forex-broker-75.png
老舗でマトモなECN( ー`дー´)
レバ500倍 指値制限なし
ネテラ対応 PINCODEは忘れずに。
EQINIX NY4で通貨ペアも多し。
リンク
・デモ名人のFX帳
・Free Lunch
・Shoto tabata.com
・yuzakiの手記
・BRPのFXブログ
・huroji.com
・システムトレード技術ブログ
My本棚

これから読むひとに





繰り返し読み返す本









超絶オススメ本









乗り越えるべき
壁を知ること












勝負師の心得











トレーダー的思考













テクニカル良本









ヒトを知る









理想を現実に









自己実現のために





カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
Twitter yasuFX
常識的なコミュニケーションを図るため
リフォローの選り好みをしています。悪しからず。
Twitter/yasuFX
Twitter <メンタルコーチ術>
RSSリンクの表示
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。