孤高のFXブログ 5月16日の取引結果。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月16日の取引結果。

あたりまえの内容だと思うけれど、野暮ったい話なのでスルーすればいいと思うよ。


人間の成長とコストについて思う。

何をしようにもコストはかかります。
衣食住が大前提ですが、運動をするにも塾に行くにもコストがかかる。
多くの分野で効率化が進み、アウトソーシング化されています。
今では学習もその一つで、効率の良い学習をするためにはどうしてもコストがかかってしまいます。

当然のことながら、アルバイトをしてでも稼がなければならない人間が安い労働力として酷使されている間に、
コストを掛けられる人間は学習をしています。
その差は空くことはあっても、埋まることはありません。

しかしながら、コストの問題の本質は時間的制約ではなく、心のありようだと思うのです。
スラム街が治安が悪いのは、そこに住む人間の収入が少ないから。基本的にはそれだけです。
裕福な家庭と貧しい家庭で育った子供の性格形成のありよう、特に自我の領域の差はとても大きい。
コストをかけられない家庭で育った人間の多くは心の中に悲しみを抱き、性格に難が出る場合が多い。

苦労人にとって、隣の芝生はより青く見えると思うけれど、現実を受け入れること。
子供によりよい可能性を提示してやりたいなら、しっかり稼いでから子供を授かること。
他人を蔑んだりせずに、非効率だとしても学習を継続すること。
宗教に救済を求めないこと。。
負のスパイラルに属する人間に関わらないこと。


人生において対費用効果ばかりを重視しているつもりはないですが、現実ってこんな感じだと思う。
大人になればなるほど、器用に生きないとキツくなる。

さーて、今日もがんばって稼ご。



5月16日の取引結果。

単純な戻り売りしてただけ。

ユロドルエントリーがちょっとばかりハンパな位置。

ユーロドルS 1時間足

120516EDH.JPG

日足を見る限り下値を試すと思っていたし、
ボリンの上に良い感じのヒゲ出て時間足確定するところだったのでエントリー。
反発の程度もちょうどいいと思った…けれど、
明確な逆指値はどこ?って言われると困る位置でした。
(一応ヒゲ上にしたけれど、条件としては弱い)
たいして時間かけずに1.27の大台まで下がったので良かったけれど、これは結果論。
エントリーすべきではなかった。反省。


後は…オジ円大台確認Sの利確が若干早かったくらいかなぁ。
でも確実性をとったとも言えるし、問題はいと思う。


下落局面の戻り売りはバカでも稼げる。
調子に乗ってストップが明確にセットできなくなると危うい。

ついてくときはついてくだけだけど、
波動見ながらそろそろ慎重にやっていこうっと。

応援クリックおくれやす
人気ブログランキングへ
ブログ為替レート

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasu

Author:yasu
デイ~スイングのごじゃっぺ億トレ
中観帰謬論証派/メタラー
コメント返信率低め

つこてる業者
マネパカード(マネーパートナーズ)

カード入金の為替手数料考えたら…
マネパカード一択でしょ(๑′ᴗ'๑)

FX OPEN
fxopen-forex-broker-75.png
老舗でマトモなECN( ー`дー´)
レバ500倍 指値制限なし
ネテラ対応 PINCODEは忘れずに。
EQINIX NY4で通貨ペアも多し。
リンク
・デモ名人のFX帳
・Free Lunch
・Shoto tabata.com
・yuzakiの手記
・BRPのFXブログ
・huroji.com
・システムトレード技術ブログ
My本棚

これから読むひとに





繰り返し読み返す本









超絶オススメ本









乗り越えるべき
壁を知ること












勝負師の心得











トレーダー的思考













テクニカル良本









ヒトを知る









理想を現実に









自己実現のために





カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Twitter yasuFX
常識的なコミュニケーションを図るため
リフォローの選り好みをしています。悪しからず。
Twitter/yasuFX
Twitter <メンタルコーチ術>
RSSリンクの表示
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。