孤高のFXブログ 2013年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールと最良の狭間。

(=゚ω゚)ノサワディーカップ!

どうもyasuです。南国からこんにちは。
ちょっとオトナトレードについて思ったことを書き留めてみる。

リスクに晒すエクスポージャーとナンピンを禁止していてるのだけれど、
ルールを厳守するとトータルで大きな利益を得ることが難しい相場…

いや、正確に言うと、そのルールに自分の売買が未だ適合していないと感じる。
そして、どうすれば適合できるかも少しづつ分かってきた感がある。

ルールを柔軟にして乗り切るべき時もあると思う。
特に今は、数年に一度の強気で行くべきタイミングだと認知していますが、
現段階で自分がすべきことはそれじゃない。

自由度の高い自分のトレードと収益の差は歴然なのだけれど、この差をどう埋めていくかが鍵になる。
最適なエントリータイミングと、ルールに合わせたリスク管理。
結局はコレに尽きる。ま、トレードなんてみんなそうか。

最近、相場の不確実性を心の底から信じられるようになった。┗(`・∀・´)ヨッシャ!
しかしながら、押し目待ちに押し目なしとも言える相場。
短期をしっかり利食いながら、伸ばすところをどう伸ばすか。

結局のところ、相場は上がるときには上がるし、下がるときには下がる。
値動きについていくだけなんだけど、そこに利益目標を加味して、どう『処理』するかが大事。

モニター増やし監視通貨ペアを増やして、値動きのフォースをより早く捉えるべきなのかも。
そう考えると、ブローカー選びの基準も少し見なおさなきゃ。
思ったらすぐ実行。トライ・アンド・エラーしかない。試してみよう。


オレ氏、東南アジアでもモテるな。知ってたけど。
いちいちごはんがうめぇ。

IMG4493.jpg

応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート
スポンサーサイト

“幸せ”とバブルの頂点。

どうも、現段階でバブルから抜け出すタイミングを図っているyasuです。

録画してた『ニッポンのミカタ! 21世紀の幸福論 ニッポン人は不幸なのか!?』を見ていて、思うところがあった。


【---うp動画見つかったら貼るスペース---】


一言で言うと、幸せってなんなんでしょうね?って話。

『あなたは幸せですか?』
という問に対する世代間格差がとても印象的だった。

40代の多くは、バブルを知っているからか、今の若者は可哀想だという。
一方で20代の若者は、50人中49人が幸せだという。
中には朝の洗顔に幸せを感じる人や、
あえて正社員にはならず、ニコ動で認められることが幸せという人もいる。

自分も20代なので、この感覚は分かる。
だって生まれてこの方、景気が良かったことなんてないんだもの。
誰もが“幸せ”という定義を、自分が知っている範囲で定義する。
結果として若者は小さなことに喜びを感じられるボトムアップ思考になり、
コストのかからない行為に幸せを感じている。
ただそれだけのこと。

ではコストを掛けることができたバブル世代と若者世代では、どちらのほうが幸せなのだろうか。

bi6-39.jpg

コストを掛ければ物質的豊かさや上質なサービスを受けることが出来る。
2人で狭いワンルームに住むより、ゆとりのある間取りのほうが快適に決まってる。

中盤に取り上げられる若者は、変化を恐れ努力をしない理由をこじつけていた。
なるほど、世代が同じであっても幸せの形は十人十色らしい。
正直、落ちぶれてもこうはなりたくないな、と思った。

日本国においては、マズローの欲求階層の下から二段、場合によっては三段までの欲求は、
アルバイトや生活保護受給者でも得ることが出来るといっていいだろう。
しかし、上の二段は低コストでは限りなく実現しないと思う。
コストを掛けられる余裕はあるに越したことはない。

だからコストを掛けることができたバブル世代のほうが幸せかというと、必ずしもそうではないと思う。
自己実現を最高の幸せと定義するならば、まず他者の承認と自尊心の欲求を満たさなければならない。

しかしながら、バブル状況下における大衆の思考はトップダウン型になる傾向がある。
あれが欲しい、コレが欲しい、ナニがほしい。
あのひとが持ってるから自分も欲しい。のびたのものはおれのもの。
ってわけです。

あ、トップダウン・ボトムアップの考え方はこのへんを参考に。
トレーダーはメンタル大事。気軽に学べるので全巻揃えてしまえばいいと思います。

第60回「今すぐ幸福になれる、たった一つの方法」
http://yusb.net/man/760.html


これを読めばわかると思うんだけど、トップダウン思考って際限がないし常に満たされないから、
自己実現以前に心から喜ぶことができないって時点で幸せとは言えないと思うんだよね。

仕事で自己実現している人間はごく少数。
一人の自己実現が多数の犠牲の元に成り立っている現状を考えれば、
この比率が簡単に変わることはないと思う。今のユニクロなんて自己実現してんの柳井さんだけじゃね?
だから、多くの人は消費においての自己実現を図る。

全体の水準自体が上がるから、他者の承認におけるハードルは上がる。
そうやって、消費はエスカレートしてく。
そのうち靴磨きの少年まで相場講釈をたれるようになる。
買う人がいなくなったところが頂点…と。

JKY(ジュンク堂で株の本読んでる人指数)や
OKM(オカンの周りで株買った人指数)はよい指標。

つまるところ、お金が幸せを運んでくれるわけじゃなくて、幸せを見つけるのは自分次第。
冷静な心を持ってこれに気づいていれば、バブルの高値掴みは免れることができると思う。
でも、実際は難しいんだろうね。

自分もそうだったから分かる。
昔から商売してたのでまとまったお金はあったんだけど、
あくまで実業のお金だからそんなに無駄遣いはしない。
でも、相場で稼いだお金って、無駄遣いしたくなるんだよね。
それだけじゃなく、多額のお金を手にすると、自分が誰かすら分からなくなる。
本も読まなくなったり、無意味に親と対立したり。
ホントに冷静になれたのはかなりの額をショートしてから。

勉強代は高くついたけれど、よい勉強になった。
お金は人間を変えるんじゃなくって、その人の個性や欲望を最大限に引き出すもの。
今ではひとりでビリヤードしたり自作燻製ボックスでソーセージ作ってみたり。
煙たくなって目に染みたりするけど、そんな日常が幸せなんです。



で、長々と書いててめーは一体何が言いたいかって言うと、
趣味を大切にね!ってことと、
オレは高値掴みしないから高値圏は任せる!

ってこと(^q^)

応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート

桃鉄からいろいろ学んでみた。

どうも、CPU(さくま)に「デモ名人」と名付けて遊んでるyasuです( ・`ω・´)

MMDEMO.jpg

さすがに100年プレイだと後半つまらなくなってくる…。。
北海道って元の位置に戻るんだね。知らんかったわー。
インチーキ博士すげぇヾ(≧∇≦*)〃



桃鉄って、自分の感覚ではキャピキャピとプレイするパーティーゲーム…ではなかったりするのねん。
桃鉄は新自由主義のゲームなのねん!

具体的には、「資本主義」のゲームであって、
プレーヤーは「期待値」と「確率」を加味しながら、
いかに合理的判断を下せるかを競うゲームだと思っています。
つまり、もっと殺伐とプレイすべき。

gonorego1302.jpg

だって、日本にいたら資本主義からは逃げられないんだぜ?
合理的判断を学べる数少ないチャンスじゃん。
そのへんって人生においても大事だよね。
J( ′-`)し <あのひともいいところあるのよ… とかなっちゃうと完全にAUTOなわけで。
感情抜きにいかに合理的にプレイできるかがだいじ。

ほんとはCash Flowをお勧めしたいんだけど、高いから桃鉄でOK。
子供とやるならこっちのほうがいいけど。



てゆーか、桃鉄ならぼっちでも楽しめるしヾ(≧∇≦*)〃

基本的な考え方としては…

・ポートフォリオを常に考えること。現金に偏るのは危険。
(スリの銀次リスクがあるので、収益率低い物件or農林物件にも常磐から分散すべき。
ビンボー神はリスク∞。逃げるためにはマイナス駅でも飛び込もう。マイナス駅はリスクリミテッド。
・進行形カードは超重要。カネはかかっても意地でも切らすな。
・期待値を加味して賽を振れ!(×1なら3.5 ×2なら7 ×3なら10.5)
・サイコロ2個振って2が出る確率は計算上1/18だけど、起こってる事象としては1/1。
(いつか7に収束するって。どんまい!受け入れろよ!)

って感じ。
もちろんプレイする年数や“3年決戦”だと多少戦略は異なりますが、だいたいこんなところ。

でもねー、常磐から分散するのは難しいんすよねー。
つい、持ち金無くなるまで食品物件を買いたくなるし、
ギャンブル的に房総半島のカード駅で良いカード出るまでカード集めたくなる。

でも常磐になって資金に余裕が出てくると、バンバン進行形カード買うし、
ポートフォリオを一極集中にはしなくなる。
進行形カードの購入費はリスク∞の貧乏神を回避するための必要経費だと思えるし、
複利で積み上げてきたものがあれば、ある程度の損失にも慌てることはない。


あれ、これって投資にも同じ事が言えるんじゃね?
もしかして格ゲーに続いて、ゲームで投資に必要なスキルを学んでしまったのか…(๑´ڡ`๑)



ここんところ甘利さんのせいでちょいと残念な感じになってしまったけれど、
なんとかリカバーできて致命傷で済んだ感じ。
やっぱ調整局面は苦手だわ。
っていうか無意味にファンダ荒れすぎ。

期待で上げてる段階なのに閣僚が期待値下げる発言してどうすんだよ…。
しっかりしてもらいたいところです。

20091116_1575297.gif

株でもみどりむしのおかげでイイ思いしてるし、
信用大回転売り祭りからの買いポジも期待できそう。


最近周りが猛者だらけで辛いわー。
量産型億トレーダー出る雰囲気がぎゅんぎゅんするよね。
でも、下げ相場で育った自分こそ、生き残れると信じたい。

┗(`・∀・´)ヨッシャ!
気合い入れて頑張ろー!

応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート

トレードは格ゲー理論。

トレードはゲームです。投資じゃない。

K3janai.jpg

自分にとってトレードは格闘ゲームのようなもので、やりこみ要素満載で楽しい遊びです。

まー、遊びでやってるんじゃないんだけどね。ガチです。

常に新たな発見を見出すことで進化できるし、成長できる。

基本は待ちガイルのようなもので、タイミングが全て。

基本ソニックブームを牽制で撃っておいて、飛び込んできたらサマーソルトみたいな。

matchg.jpg

そんなこんなでウメハラ氏を崇拝している僕なわけですが、彼の著書『勝ち続ける意志力』にて驚いたことがあった。

それが“人読みには頼らない”ってところ。

人読み、っていうのは相手の心理状態を探り、相手の動きを読むこと。

この本を読むまで、ウメハラ氏はひたすら人読みを極めているのだと思っていた。



そりゃぁ、あのウメハラブロッキングを見ればそう思ってしまうよね。

しかし一方で“相性もある”“プロ同士の対戦だと人読みは重要だ”とも語ってる。

もちろん彼の人読み能力は超一流。

それでも、勝ち続けるためには人読みに頼りすぎてはいけない。

読みの精度を上げることはできるけれど、あくまで不確定要素であり、

読みが上手くなっただけでは勝ち続けることはできない。

これは、毎度決勝トーナメントにまで勝ち上がってくる猛者の間では常識なのかもしれない。

しかしながら、時として人読みは大きな成果をもたらしてくれる。

その成果が大きいゆ故に、人読みに頼りたくなる気持ちを抑えるのは難しい。



トレードにおいて重要な局面で一方向に伸びるのはストップロスを巻き込んでいるからであって、

そのライン、心理を読めれば大きな優位性を持つことができる。

先週末のユーロはその好例だった。

EUR/USD Day
130111EURUSDD.jpg

EUR/USD 4H
130111EURUSD4H.jpg

日足で言うと調整の場面。
4Hで言うと下落開始局面に見える。

ちなみに、大衆は下落を予想していた。
何を根拠にそう考えたのかは分からないけれど、確かに下落を予想していた人が多かった。

人間は基本的に見たいものだけを見る生き物。
その誤謬を凌駕した人間はとても少ない。

自分はTwitterをテキトーなノリでやっていますが、
トレードにおいては大衆の方向性指標として使っています。
マジョリティリストを作ると、色々と捗るんです。

じゃぁその時ガチ勢はどうかって言うと、思いのほか偏りはない。

IMM130114.gif
IMM1301142.gif

でも、続いてきたネットの方向感はある。上だ。

じゃーどうするか。
大衆が下。ガチ勢が上なら、上に賭けてみよう。

1.3にLの指値を入れておく。1.3割れは大きなインパクトになる。
割れたら大きく走るとは思うが、逆に考えれば、一度目では割れにくい。
損切りラインを少し下に出しておけば、大怪我をすることはない。

そんな考えでポンドルも1.6付近で仕掛けた。

結果は御存知の通り。大勝☆(ゝω・)vキャピ

嬉しいことだけれど、悩ましいことでもある。
正直言って、自分は人読みで稼いだウエイトが大きい。

今まで勝ってきたし、ストップロスはしっかり入れてる。
大負けすることはないと思う。
でも、それで勝ちつづけることが出来るかと言うと、分からない。

格ゲーのガチ勢同士の対戦において“確率のゲーム”は機能していないように、
プロフェッショナルな戦いにおいて人読みのウエイトは高いと思う。

でもそれは上位数%のガチ勢同士の場合であって、
パンピである自分がそこに食い込もうとする場合、まずはトーナメントを勝たなければならない。
そこで必要だと思われる“確率のゲーム”にするためのスキルが足りない。

大人トレードにおいて、最低でもコスト分はコンスタントに稼がなければならない。
新たなアイデアが浮かんだら、もっと積極的にデモトレで試してみよう。



そう思い、久々にこの本を読み直した。
自分も将来的にはプロップファームを設立して、このミームを世に残したい。
今すべきことが何か、分かってきた気がする。

常に改善し、常に進化することを意識して取り組もう!┗(`・∀・´)ヨッシャ!

応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート

今でしょ。

そうだ、最大エクスポージャーのロットを決めよう(`・ω・´)

マイナスのリスクに晒す最大ロット数を規定するのじゃ。
逆指値を使って損失のリスクを抑えたら、
また最大エクスポージャーのロットまでエントリーできる、みたいな。

オーダー管理EAを使えば、有用証拠金がマイナスにならないように自動で決済もできる。
今まではいかんせんギャンブル要因が多すぎた。
オトナトレードを覚えるんや!

それと、一段目の逆指値をもっとタイトにしていこう。
ブレイクアウトの自分ルールを厳密に厳格にせにゃ。

ブレイクアウト型は高値掴み、底値掴みは避けられない。
そんでもって、良いトレードはポジってすぐ利益になるものです。
いかにDDを減らすか。これに尽きる。



こいつをもっとよく読んで、思考を高めよう。
翻訳はよろしくないけど、長年やってれば言いたいことは結構分かる。
ビミョーな違いからくる精度をしっかり上げたい。

あと、BO規制について。

久々に出金しようとFXTFにログインしたんですよ。
なんか12月は取引額の2%を入金ー出金額を上限に還元するキャンペーンしてて、
年末だし会社としてキャッシュ必要だから出金すんなよ?(あんたが敗けるまでな!)
ってことだと思ってたんだけど、今月もキャンペーン継続するみたいですね。
悪いけど今月は出金するわ。来月は知らん。

っていうか11月後半から怒涛の勢いだったわけだけど、会社側儲かってんの?
と思ってお知らせ見たらこんな表示が。

【クリックで拡大】

FXTFBOKAI2.jpg

これさ、なんで文章と文字の間に無駄なスペースあるん?
他のお知らせにはそんなスペース無いのに。

これさ、もちろんわざとなわけ。
ブラウザをスクロールさせないと表が見えないように細工してるんだよね。

どんなアホでもパチンカスでも、この数字を見たら業者の取り分ってどうなってんだろう…
って思ってしまうもんね。
FX業界なんてこんなもんです。

でも、開示してるだけ良心的とも言えます。いいぞゆうこりん。
所詮JAPのBOの中身はこんな感じです。
こないだ話題にしたBOの自主規制概要において、業者は利益やユーザーの勝率を開示することになりました。
GMOクリック証券はまだ開示してないわけですが、おそらくFXTFの比じゃないくらいボロ儲けしてるはずです。


ちなみにお知らせの内容はこんなん。



平成24年12月の当社BO取引【HIGH・LOW】及び【HIGH・LOW MAJOR】に関する
顧客全体の損益実績の状況

【1】総取引金額(顧客(顧客全体の投資額)に対する
顧客への総支払金額(ペイアウト総額)の割合 = 94.0%

【2】取引を行なった口座数に対する
損失が発生した口座数の割合 = 78.4%





あんだけ一方向に動いても78.4%のユーザーが負けてるんか。アホかと。
ってことは、いつもはもっと多くのユーザーが負けてるはず。

総支払金額(ペイアウト総額)の割合 = 94.0%
っていうのは、先月は業者がギリギリ負けたってこと。
一見、業者に6%分があるように見えるけど、人件費やらシステム費やらかかるし、
冷静に勝ちまくってしまったヤツは当然のごとく1月になってから
総取引額から2%のキャッシュバック貰って出金するかんなヾ(≧∇≦*)〃

JAPのBOの中身は、デリバティブではなく完全なゼロサム。
21.6%の人間しか勝ってないとも言えるし、それでもFXよりは勝率高いと言えるかもしれない。
違法でもないし、なんとも言えん。
でも儲かるからやりたい。
ハイローBOってやっぱり儲かるんですね。主に業者がヾ(≧∇≦*)〃
春に規制が始まるって?じゃーいつやるか。今でしょ!(何

ところで、トヨタのこのCM。



名人のアイデア経由してるとしか思えないけど、どうなんでしょ。
【アイフル】アイフルが下がって欲しい男【ハイスクール】




みどりむしおいしいです(^q^)

応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート
プロフィール

yasu

Author:yasu
デイ~スイングのごじゃっぺ億トレ
中観帰謬論証派/メタラー
コメント返信率低め

つこてる業者
マネパカード(マネーパートナーズ)

カード入金の為替手数料考えたら…
マネパカード一択でしょ(๑′ᴗ'๑)

FX OPEN
fxopen-forex-broker-75.png
老舗でマトモなECN( ー`дー´)
レバ500倍 指値制限なし
ネテラ対応 PINCODEは忘れずに。
EQINIX NY4で通貨ペアも多し。
リンク
・デモ名人のFX帳
・Free Lunch
・Shoto tabata.com
・yuzakiの手記
・BRPのFXブログ
・huroji.com
・システムトレード技術ブログ
My本棚

これから読むひとに





繰り返し読み返す本









超絶オススメ本









乗り越えるべき
壁を知ること












勝負師の心得











トレーダー的思考













テクニカル良本









ヒトを知る









理想を現実に









自己実現のために





カレンダー(月別)
12 ≪│2013/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
Twitter yasuFX
常識的なコミュニケーションを図るため
リフォローの選り好みをしています。悪しからず。
Twitter/yasuFX
Twitter <メンタルコーチ術>
RSSリンクの表示
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。