孤高のFXブログ 2012年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月30日の取引結果。

暑くて本を読む元気が出なかったので、
上級トレーダーとそうじゃないトレーダーの違いってなんだろう?
とか考えてみた。

今では笑い話ですが、始めた頃の自分は完全に入金投資家で、
証拠金を入れては無理なレバでポジっては祈るというスタイルでした。
いわゆる入金投資法です(ノ∀`)

後に勉強してテクニカルオタクになるも、トータルでは勝てず。
ちょこちょこ勝っては大きく吹っ飛ばしちゃうんだよね。

んでシストレ構築に走る。
これはとても得るものがあってよかった。
テクニカルの限界と各種レシオの存在が大きい。
ただ使うだけではなく、テクニカルの中身を知って、ナルホドが増えた。

ここまで来る人はある程度いると思う。
でも最後にはメンタルの壁が待ってる。

裁量ながらも“こうすれば勝てる!”ってスタイルを見つけ出し、
バックテストで検証し、実践に投入する。
でも、実践だと思ったような利益は挙げられない。
そんでもって結局多くの人が“メンタル”を履き違えて脱落する。
ドローダウンに耐える鋼のメンタルが~とか言い出す人もいたな。

個人でやるぶんにはプレッシャーがかからないから
限られた時間枠だけでもいいし焦らずのんびりでおk。
プレッシャーは時に客観性を失わせてしまう…(´・ω:;.:...

勝ち組スペキュレーターになるために一番大事なことは、
やるべきこと・やれることのギャップを埋めることだと思う。

まずは合理的・確率的な思考を身につけないと。
そのためには認知行動療法的なプロセスが一番良い。
このへん興味あって詳しかったからよかったんだろうな。うん。
失敗からしか学べない。枚数少ないうちにたくさん転ぼう。

そんでもって、自分とその手法を信じ蓋然性を加味しながら相場に挑む。
基本的に損失の限定が最優先。そうすりゃ生き残ることが出来る。
そのうち“気づき”が生まれて、さらなる高みへ連れて行ってくれる。

大切なのは、絶え間ない努力の姿勢と、心から自分を信じること。
できたらいいなー、って程度じゃできない。
高い自己規律と自己愛を兼ね備える人間に、相場の女神は微笑む。
なんか知らないけど、そういうふうにできてる。



7月30日の取引結果。

昨日は1トレードのみ。

オージー円L 30分足
120730AYH.JPG

しっかし、てんで動かない…。
大台より下でポジれたわけでもないし、エントリーした時の優位性は既に消えているな…
と思い、朝方に薄利決済。

今チャートを見直すと、あのままポジっておけばストップにもかからず40pips近い利益が…!
とも考えられるけど、それはたられば。
確かにAM10:30の指標時に含み益で推移していたら利益を伸ばすことを試してもよかったが…
体力の限界でした(´・ω・`)テツヤシンドイ

原因が身体的なものだとガッデム度高くなりがちですが、
メンタルは肉に宿るもの。しゃーない。



あと、今はデモで修行中だけど、ホントはこういうところで取って行きたい。

オージードル 15分足
120730AD15.JPG

大台間際までL・大台ドテンS→10pipsいただき!みたいな。
細かなところをしっかりとっていきたいわけです。

おっし、今夜もコツコツがんばろ。

応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート
スポンサーサイト

7月26&27日の取引結果。

ルールを決めてから、心が落ち着いたのを感じる。
それと同時に、相場への客観的視点が戻ってきた。

メンタルは強いつもりだったんだけど、環境が変わると、やっぱり難しいんだね…。
というか、認知行動療法的アプローチによる行動の制御と
プレッシャーに耐えられるかどうかのメンタルは全くの別物。
一括りに“メンタル”といってしまう人は、ここの理解が足りないように思う。
でも、この案件も自分を成長させてくれた。感謝。



知ってるいること・やりたいこと・やれること
これらは全て違う。


切磋琢磨したおかげで、このギャップがかなり埋まってきた。
分かっていながらも損切りができない残念なレベルを脱し
エントリーの整合性に悩む時期を経験し、
利確に悩むようになり、今では利確が怖くなった。

損小利大のためには相場を読むだけではなく、プロスペクト理論における心の合理性が必要になる。
しかし、専業であれば確実に利食う必要もある。
落ち着いてきたら、利確についての考えをメインに添えていきたい。

それと、目指すレベルと、そこに到達するまでの成長段階が分かってきた。
最終的な到達目標は、ほぼ全てのトレードを直感で行うプロフェッショナル。
これは、そう簡単になれるものではない。
膨大な知識と経験が元にならなければならないし、正直、才能も問われると思う。

でも、自分は感覚的に少し分かる。
極度に集中してチャートを見ていた時に、ふと、方向が分かる時があった。
躊躇なくエントリーして、良い感触を覚えた。
特にテクニカルやファンダが発生したタイミングではなかったが、
そのトレードはエントリーした直後に大きな利益をもたらしてくれた。

逆に、直感でエントリーしてみたはいいものの、エントリーしてから間もなく
感触が悪くなってきたことがある。これは、マイナス方向に進んだというわけでなはい。
結局そのトレードはストップに掛かった。

最近は少なくなってしまったけれど、こういうことが、時々ある。
勝率は8~9割くらいで、利益率はかなりのもの。
一番この感覚が冴えてたのは、たしか去年の冬だったかな。
“あ、コレ30分後にバイーンくるわー”
って分かった時もあった。

これは、言ってみれば究極の相場観ではないだろうか。
プロ棋士は指し手をロジカルに判断するのではなく、
“感触のいい手”“感触の悪い手”
と言った具合に、感覚で勝負しているのだと聞いたことがある。
恐らくはそれに近いものだと感じる。


プロ棋士とアマチュア棋士の思考は決定的に違う。
容易くそのレベルにまで到達できないことも分かる。

そこに到達するために、今すべきこと。
それは合理性を追求すること。


直感と合理性は相反するものではない。
合理性を追求した手法であれば確率論だと心から割り切れるし、
割り切って見ているからこそ、心がニュートラルに見れる。
かなりの時間を費やすことは承知の上。
直感を培っていこう。



7月27&28日の取引結果。

ちょっと体調が優れなくて寝てた。
機会損失はあったけれど、これはしょうがない。
機会を追いかけることが悪い結果を生みやすいのであって、
“もったいない”程度の認識をしてる。
不用意に追いかけると死ぬる。

信念があるからこそ、一回目のチャンスを逃さないものだとも思う。
優位性の多くは、その始めの一回に多く秘められているものだ。

トレードは26日夜の2回のみ。

ユーロドルS 1時間足
120726EDH.JPG

8pips程度利益が乗ったタイミングで逆指値を移行。
すぐ建値で刈られた後に、再度機会が発生したのでエントリー。

ユーロドルS 1時間足
120726EDH2.JPG

このような場合はストップ幅が大きくなってしまうので、建値移行は早め。
線形分析により伸び悩むことが予想されたので17pipsで利確。
ナイストレード。


ほぼ同時にポンドルもチャンスがあったが、
卵の盛り方を考えると同時にエントリーすべきではないと考えてる。
まずは可能性が一番高いペアにエントリーをし、逆指値を建値に入れてから盛る。

ポンドドル1時間足
120726PDH.JPG

同時にチャンスが発生しているバックには、起因が共通している蓋然性が高い。
それを分かった上で、個々のオーダー、ストップを加味してエントリーをすること。
原因が同じでも、オーダーや潜在性はそれぞれ。同じ動きをするとは限らないのだから。




今日・明日は地元のおまつり。
このところ、体は休んでいても、頭がずーっとオンでいたように思う。
土日はのんびりオフってきます。
誕生日だしね。


応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート

ルール。

さて…

目を背けたくなるような残念な取引記録とチャートを引っ張りだして算出した。
合理的に行動することが利益への近道。
エクセルって便利。

まず、ブレイクアウトについて。
トレンドが出ている際のブレイクアウトは精度高いけれど、レンジ時は精度が著しく低い。
エントリーは基本的に諸速度や時間足確定間際の動きやクソポジ君を見て判断するのだけれど、
レンジ相場における有効性は殆どないと見てよいだろう。


むしろ、これまでの判断材料の中に、ブレイクアウトには成り得ない要因が隠されているのを感じる。
その原因を突き詰めればブレイクアウトしにくいタイミングを見つけられる。
というか、既に勘付いてはいるが、まだ確証はないし統計を取っていない。
逆説的ではあるが、この弱みを強みに変えられた時に得られるものは多いだろう。
これは今後の課題であって、実戦投入するのは先と考えるべきだ。

特定の水準・時間帯における諸速度も重要視していたいたが、
この2点においてレンジ相場ではランダムウォーク性が高いように思われる。

損失の7割以上は、レンジ内でブレイクアウトすると思ってエントリーしたもの。
結果的に言うと、レンジ内での高値・安値掴み。
負けトレードになるものは、“特定の水準”“時間帯”という前提を無視したものが実に多かった。
不確実性の排除は優先事項。
今後、このようなトレードは二度としないように。


今後のエントリーのルールとして、
・ヒゲトレードを最優先にすること。
・特定の水準以外の動き・諸速度は無視すること
・ブレイクアウト型トレードは時間帯・水準ありき。
(ダマシも考慮し、レンジ相場では控えること。)


まずはこれだけでいい。
大切なのはルールの数じゃなくて、信じて実行すること。
多くの人間は信じることができないが故にチャンスを逃す。
数多く学び、自ら実践して、残ってきたものだからこそ信じられる。


これまでは、食べていけるし、最終的に勝つからいいや、と思い、厳格なルールを決めてこなかった。
正直、お金には困ってないので焦る要因もなく、相場の動きを恐いなんて思わなかった。
ある意味でこのことがメンタル的に良い作用をしていたのだとも思う。

しかしながら、それは逃げていただけじかもしれない。
ルールを決めるためには損失、すなわち自分のダメな部分と向き合う必要があり、
無意識的にそれをプライドが許さなかったのかもしれない。
母数がたまるまでは意識しなくていいや、と言い訳すらしていた。
分析してみたところ、既に傾向は出ているというのに。

相場は恐いもの。
気を抜けば一気にお金を奪っていく。
だからこそルールを厳格に敷いて、守るべきなんだ。


感情に流されずに合理的なルールを守っていけば、トータルで勝てる。
最終的にはこれまでのように、いや、これまで以上に、
相場の動きに恐怖を感じることもなくなるだろう。

そのレベルにまで自分を成長させよう。
自分ならできる。



不思議な事に、このルールを決めたら少し肩の力が抜けた。
以前ほどの気楽さではないけれど、何かから開放された感覚。



あとは繰り返していって最適化していくだけ。
もちろん、心の面も。

┗(`・∀・´)ヨッシャ!
やったるで。


応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート

7月23日の取引結果。

7月になってから急に、しかも鬼のように負けてる(´・ω:;.:...

負けトレードが続いて、それが原因でいつもらしくないトレードをしてしまった。
がむしゃらに気合い入れて頑張ったってダメ。

休むも相場。
でも、休んでるだけじゃ進歩はない。

負けた時こそ学ぶチャンス。

こんなときは、この本を読むに限る。


真理編


実践編


目から鱗っていうような内容でもないし、あたり前のことしか書かれてはいないのだけれど、
とにかく心にしみる。

負けが負けを呼ぶ理由もよく分かる。
予期していた部分もあったが、幸運なことに、枚数も入れてなければ本番も始まっていない。
一ヶ月前に案件が来ていれば…とか考えてしまうけれど、それすらもたられば。

落ち着いて反省をしよう。
自分を見つめなおすことが先決。

負けたって破滅するわけじゃない。
負けた時の対応が悪いヤツが破滅するんだ。

大丈夫。
転んだところでタダでは起き上がらない。
今までだってそうしてきたし、この段階で転んだことは、長い目で見ればいいことに決まってんだろ。


最終的に勝ってしまうんだから、前進だけは辞めない。
おっし。



応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート

7月20日の取引結果。

コンピューター相手に本気で挑んだ結果、36年で兆ってしまいました(ノ∀`)

120721MMT.JPG

いやー、兆ってしまう最短記録更新です☆(ゝω・)vキャピ

最近ブログの更新が夜遅くになったり、まとめて更新するのは、
別にゲームしてるからではなく、ちょっと考え事をしてるから。

ブログ書くのも好きなんだけど、あまり思考を止めたくなくって。
主に市場の効率性とボラとミーンリバージョンの割合と水準とか、だいたいそんなところ。

取引において迷いが生じているわけではないのだけれど、最適化や休むべき時の判断は必要。
そこをどうロジカルに判断していくか。

しっかり考えてはしっかり休む繰り返し。
少しづつだけれど、理解が深まってきたように思う。



7月20日の取引結果。

ユロドルの下落を追いかけてある程度はとれたものの、
こないだ載せたオジ円の損切りが痛かった。
見事に逆に行くんだもの(´・ω:;.:...

オージー円 1時間足
1207120AYH.JPG

いつものやり方なのだけれど、いつもとは状況が違う。
この気迷い相場は、言ってみればボラのかなりあるレンジのような状況であって、
結果的には、まるでポンドルで言えば5pipsのヒゲを追うような危険なトレードになってしまった。

ユーロドルの日足とか4時間足のヒゲを見ると…いつもとは状況が異なるのは一目瞭然。

ユーロドル 日足
1207123EDD.JPG

ユーロドル 4時間足
1207123ED4H.JPG


相場が変わるまで冷静に待つか、潜在性を加味して逆張りで行くべき状況だった。
今日は窓開けているし、潜在性はかなり低下している。

こういう時に大きなインパクトがあると大きく動く可能性が高い。
しっかり判断していかねばー。

応援クリックおくれやす
banner.gif
ブログ為替レート
プロフィール

yasu

Author:yasu
デイ~スイングのごじゃっぺ億トレ
中観帰謬論証派/メタラー
コメント返信率低め

つこてる業者
マネパカード(マネーパートナーズ)

カード入金の為替手数料考えたら…
マネパカード一択でしょ(๑′ᴗ'๑)

FX OPEN
fxopen-forex-broker-75.png
老舗でマトモなECN( ー`дー´)
レバ500倍 指値制限なし
ネテラ対応 PINCODEは忘れずに。
EQINIX NY4で通貨ペアも多し。
リンク
・デモ名人のFX帳
・Free Lunch
・Shoto tabata.com
・yuzakiの手記
・BRPのFXブログ
・huroji.com
・システムトレード技術ブログ
My本棚

これから読むひとに





繰り返し読み返す本









超絶オススメ本









乗り越えるべき
壁を知ること












勝負師の心得











トレーダー的思考













テクニカル良本









ヒトを知る









理想を現実に









自己実現のために





カレンダー(月別)
06 ≪│2012/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
Twitter yasuFX
常識的なコミュニケーションを図るため
リフォローの選り好みをしています。悪しからず。
Twitter/yasuFX
Twitter <メンタルコーチ術>
RSSリンクの表示
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。